入学案内
ADMISSION

新入・転入・編入[学費]

1.高等学校等就学支援金制度とは

全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、授業料に充てる高等学校等就学支援金を生徒に支給し、家庭の教育費負担を国が支援する制度です。 社会全体の負担により、学びが支えられていることを自覚し、将来、社会の担い手として広く活躍されることが期待されています。
(※貸与型の奨学金ではありませんので、返済は不要です。)

2.対象者

・月の始めに高等学校や専修学校高等課程等に在籍している者
 ※次のいずれかに該当する者は、支給が受けられません。
・保護者等の市町村民税所得割額が30万4200円以上の者(5,6を参照)
・高等学校等(修業年限が3年未満のものを除く) を卒業又は修了した者
・高等学校等に在学した期間(定時制・通信制等に在学した期間は、
 その月数を1月の4分の3に相当する月数として計算)が通算して36月を超えた者

3.支給方法

就学支援金は、学校設置者(学校法人等)が生徒本人に代わって受け取り、授業料と相殺されます。生徒や保護者が直接受け取るものではありません。 授業料と就学支援金との差額については、負担いただく必要があります。

通信スタイル(ウィークリー・ワンデイ・ネット)
3年間の学費総額(予定)29年度生

市町村民税所得割額が15万4,500円未満(年収590万未満程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

市町村民税所得割額が非課税の場合、「奨学のための給付金」が支給される予定です。
詳細はお問い合わせください。

15万4,500円以上~30万4,200円未満(年収590万以上~910万未満程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

市町村民税所得割額30万4,200円以上(年収910万以上程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

※3年間の学費総額は就学支援金制度が現行のまま3年間実施されることを想定して計算しています。
※各年次の履修単位数は、生徒の選択により増減することができます。
※卒業年次に卒業準備金が8,000円かかります。
※上記以外に教科書・教材費がかかります。年間で9,000円前後です。

通学スタイル(スリーデイ)
3年間の学費総額(予定)

市町村民税所得割額が15万4,500円未満(年収590万未満程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

市町村民税所得割額が非課税の場合、「奨学のための給付金」が支給される予定です。
詳細はお問い合わせください。

15万4,500円以上~30万4,200円未満(年収590万以上~910万未満程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

市町村民税所得割額30万4,200円以上(年収910万以上程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

※3年間の学費総額は就学支援金制度が現行のまま3年間実施されることを想定して計算しています。
※各年次の履修単位数は、生徒の選択により増減することができます。
※卒業年次に卒業準備金が15,000円かかります。
※上記以外に教科書・教材費がかかります。年間で9,000円前後です。

通学(全日)スタイル
3年間の学費総額 平成29年度 入学生用(予定)

市町村民税所得割額が15万4,500円未満(年収590万未満程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

市町村民税所得割額が非課税の場合、「奨学のための給付金」が支給される予定です。
詳細はお問い合わせください。

15万4,500円以上~30万4,200円未満(年収590万以上~910万未満程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

市町村民税所得割額30万4,200円以上(年収910万以上程度の世帯)

新入・転入・編入[学費]

単位:円

※3年間の学費総額は就学支援金制度が現行のまま3年間実施されることを想定して計算しています。
※各年次の履修単位数は、生徒の選択により増減することができます。
※卒業年次に卒業準備金が15,000円かかります。
※上記以外に教科書・教材費がかかります。年間で9,000円前後です。

科目履修[学費]

科目履修[学費]

※授業料、教材費、教科書・学習書代は履修単位数(履修科目)によって違ってきます。
※授業料は1年間で10単位を履修すると 10単位×7,000円=70,000円。