入学案内
ADMISSION

[2021年度]就学支援制度について

国による制度

【就学支援金制度】
本制度は、全ての高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金を生徒に支給し、家庭の教育費負担を軽減する目的で作られています。※
※就学支援金は、学校が生徒や保護者に代わって受け取り、授業料に充てることになります。生徒や保護者が直接受け取るものではありません。
※本制度を希望する場合、所定の手続きが必要となります。
・支給対象単位数の上限は74単位です。年間の上限は30単位までとなります。
・本校は履修する科目の単位数に応じて授業料の額を定めているため、省令で定められている方法により就学支援金を算定いたします。
・技能連携校(高等学院)の授業料等は本制度の対象外となります。
※以下の条件に当てはまる場合、支援金の対象とはなりませんのでご注意ください。
・保護者等の年収が、目安として約910万円以上の方
・高校等(修業年限が3年未満のものを除く)を卒業又は修了した方
・高校等に在学した期間が通算して36ヵ月(定時制・通信制等の場合は48ヵ月)を超えた方

県による制度

【授業料減免制度】
静岡県の授業料支援として、以下のような授業料減免措置が受けられます。
想定年収700万円未満※の世帯は、上記就学支援金に加え県の授業料減免措置も併せて適用され、これにより授業料が実質無償化となります。
※「市町村民税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除の額」(親権者2人分合算額)が203,100円未満の世帯

【奨学給付金制度】
授業料以外の教育費負担(教科書代、校外スクーリング代等)を軽減するため、生活保護受給世帯と非課税世帯に対して、静岡県から給付金が支給されます。
支給額は生活保護受給世帯が年額52,600円、非課税世帯が年額38,100円となります。

【修学資金】
働きながら定時制や通信制の高校で学んでいる生徒を対象とした貸付金です。卒業すると返還が免除されるという特徴があります。貸与額は年額168,000円で、月額14,000円が3期に分けて貸与されます。

※上記内容は2020年度時点のものです。2021年度は条件や金額が異なる場合がございます。

通学タイプ

通信タイプ

通学タイプ( スリーデイ+スタイル)

○所得区分判定の計算式(両親2人分の合計額により判定)
市町村民税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除の額
(政令指定都市の場合は「調整控除の額」に3/4を乗じて計算)

※(スリーデイ +)高等学院の欄は、消費税込みの表記となります。
※下記以外に年間で約12,000円前後の教科書・学習書代がかかります。
※下記就学支援金支給額は、2020年度実施実績になります。(詳細は吉田本校にお問い合わせください)
※就学支援金は静岡県の認定後、精算となります。

2021年度 4月入学の学費

年収700万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が0円~203,100円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

★非課税世帯は高等学校等奨学給付金の申請が可能です。詳細はお問合せください。

年収700万以上~910万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が203,100円以上~304,200円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

年収910万以上 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が304,200円以上)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

3年間の学費総額(予定)

年収700万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が0円~203,100円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

年収700万以上~910万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が203,100円以上~304,200円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

年収910万以上 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が304,200円以上)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

※3年間の学費総額は、就学支援金・学費が現行のまま3年間実施されることを想定して計算しています。
※学費総額は、キラリ高等学校と技能連携校(高等学院:税込)の合計額となっています。
※各学年の履修単位数は、選択する科目数により増減します。
※卒業期には、卒業準備金として15,700円がかかります。

通学タイプ( 全日スタイル)

○所得区分判定の計算式(両親2人分の合計額により判定)
市町村民税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除の額
(政令指定都市の場合は「調整控除の額」に3/4を乗じて計算)

※(全日)高等学院の欄は、消費税込みの表記となります。
※下記以外に年間で約12,000円前後の教科書・学習書代がかかります。
※下記就学支援金支給額は、2020年度実施実績になります。(詳細は吉田本校にお問い合わせください)
※就学支援金は静岡県の認定後、精算となります。

2021年度 4月入学の学費

年収700万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が0円~203,100円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

★非課税世帯は高等学校等奨学給付金の申請が可能です。詳細はお問合せください。

年収700万以上~910万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が203,100円以上~304,200円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

年収910万以上 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が304,200円以上)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

3年間の学費総額(予定)

年収700万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が0円~203,100円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

年収700万以上~910万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が203,100円以上~304,200円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

年収910万以上 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が304,200円以上)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

※3年間の学費総額は、就学支援金・学費が現行のまま3年間実施されることを想定して計算しています。
※学費総額は、キラリ高等学校と技能連携校(高等学院:税込)の合計額となっています。
※各学年の履修単位数は、選択する科目数により増減します。
※卒業期には、卒業準備金として15,700円がかかります。

通信タイプ

○所得区分判定の計算式(両親2人分の合計額により判定)
市町村民税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除の額
(政令指定都市の場合は「調整控除の額」に3/4を乗じて計算)

※下記以外に年間で約7,000円前後の教科書・学習書代がかかります。
※下記就学支援金支給額は、2020年度実施実績になります。(詳細は吉田本校にお問い合わせください)
※就学支援金は静岡県の認定後、精算となります。

2021年度 4月入学の学費

年収700万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が0円~203,100円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

★非課税世帯は高等学校等奨学給付金の申請が可能です。詳細は本校事務局までお問い合わせください。

2021年度 4月入学の学費

年収700万以上~910万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が203,100円以上~304,200円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

2021年度 4月入学の学費

■ 年収910万以上 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が304,200円以上)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

3年間の学費総額(予定)

年収700万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が0円~203,100円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

3年間の学費総額(予定)

年収700万以上~910万未満 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が203,100円以上~304,200円未満)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

3年間の学費総額(予定)

年収910万以上 程度の世帯
(所得区分判定の計算式で出た額が304,200円以上)

新入・転入・編入[学費]

単位/円

※3年間の学費総額は、就学支援金・学費が現行のまま3年間実施されることを想定して計算しています。
※各学年の履修単位数は、選択する科目数により増減します。
※卒業期には、卒業準備金として8,000円がかかります。